菅野 梓

  • 合計アクティビティ 232
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 129

記事

菅野 梓による最近のアクティビティ 最近のアクティビティ 投票
  • GitHub の接続設定

    概要 GitHub への接続認証は personal access token を用いて行います。 personal access token の取得 https://developer.github.com/v4/guides/forming-calls/#authenticating-with-graphql を参照してください。  

  • カラム定義再読み込み

    概要 転送元に列が追加・削除された場合や、クエリを変更した場合などに、最新のカラム定義に更新することが出来ます。その際、現在設定されているカラム定義(カラム名・データ型等)やその他データ設定(フィルタ設定等)は変更されません。   例 「変更前ファイル」のような形式のCSVファイルを転送元とした転送設定が既に存在する状態で、ファイルのカラムが「変更後ファイル」のように変更になった場合の例です...

  • 転送元 - Google Search Console

    概要 Google Search Consoleで管理しているデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-google_search_consoleを使用 制約   設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 Google Search Console接続情報 Yes - 予め登録してある...

  • Google Search Consoleの接続設定

    Google Search Consoleをtroccoで利用するには以下に説明する「JSON Keyの取得」「APIの有効化」「サービスアカウントをSearchConsoleに登録」が必要になります。より詳しい情報に関しましては公式ページをご参照ください。 JSON Keyの取得方法 Google Cloud Platformにログインします。(ここではgoogleアカウントが必要です。...

  • SSHトンネルを使った接続

    概要 troccoとお客様が用意したサーバー間でSSHトンネルを張ることで、お客様のデータソースに対してSSHトンネル経由で接続することが可能です MySQL、Redshift のみ対応しています(その他のデータソースについては、順次対応予定です) 各接続情報の設定からSSHトンネルの設定が可能です 指定したホストに対して、秘密鍵、もしくはパスワードによるSSH接続を行います 前提...

  • セキュリティグループやファイアウォール等で許可頂く必要があるIPアドレス

    概要 troccoはお客様のデータへのアクセス時に、固定のIPアドレスでアクセス致します。お客様はこれらのIPアドレスからのアクセスを許可頂く必要があります。 例:お客様のRDS(MySQL)のSecurity Groupにて、Inboundに下記IPアドレスを追加していただきます。 troccoのグローバルIPアドレス一覧 (サブネットマスクはすべて /32 です) 18.182.232....

  • 転送元 - Salesforce

    概要 Salesforceから商談・リード・取引先やカスタムオブジェクトといったSalesforce上で管理しているレコードデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-soql を使用 制約 転送容量の制限 あり 設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 Salesforce接続情報 ...

  • 転送元 - LocalFile

    概要 ローカルに存在するファイルを転送するための設定のヘルプページです。 対応プロトコル データ転送(Embulk) 制約 設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 ファイル Yes - 「ファイルアップロード」ボタンを押し、転送したいファイルを選択します。 アップロードが完了するとファイル名が表示されます。 入力ファイル形式 Yes - 転送したいファイ...

  • Google Ads 接続設定

    1. 接続情報作成 Google Ads API 接続情報の作成ページにて、Googleアカウント認証をクリックしてください。 2. 権限許可設定 権限を確認し、「許可」をクリックしてください   3. 名前を入力して保存 trocco上でGoogleアカウントが表示されていることを確認の上、接続設定の「名前」を入力し、「保存」をクリックして作成してください。  

  • 転送元 - PostgreSQL

    概要 PostgreSQLからデータを転送する設定のヘルプページです。     対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-postgresqlを使用   制約 特になし   設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 PostgreSQL接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つもの...