菅野 梓

  • 合計アクティビティ 201
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 108

アクティビティの概要

菅野 梓さんの最近のアクティビティ
  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送元 - CrowdStrike

    概要 CrowdStrikeからデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-crowdstrikeを使用   制約 特になし   設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 CrowdStrike接続情報 Yes - あらかじめ登録してある接続情報から、今回の転送設定に必要な権限を持つも...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送元 - Facebook Ads クリエイティブ

    概要 Facebook広告のクリエイティブデータを取得・転送する設定のヘルプページです。 対応プロトコル データ転送(embulk) embulk-input-facebook_ad_account を使用 制約 アクセストークン失効などの原因により転送が失敗する場合がございます。Facebookの接続情報のヘルプを参考に再認証をお願いします。 アクセストークンは60日ごとに再認...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送元 - Facebookリード広告

    概要 Facebookリード広告を取得してデータを転送する設定のヘルプページです。 対応プロトコル データ転送(embulk) embulk-input-facebook_leads を使用 制約 アクセストークン失効などの原因により転送が失敗する場合がございます。Facebookの接続情報のヘルプを参考に再認証をお願いします。 アクセストークンは60日ごとに再認証が必要となりま...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送先 - Marketo

    概要 Marketoのリードを追加するためにデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-output-marketo(プライベートリポジトリ)を使用 marketoのgemを利用 制約 注意点 転送するデータのカラム名がMarketoのREST API名と一致している必要があります。 REST API名に関しては公式...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送元 - GitHub(GraphQL)

    概要 GitHub API v4 (GraphQL) を利用し、GraphQLクエリを記述することで各種クエリ結果をJSONレコードとして取得することができます。   取得可能なデータ GitHub API v4 で GraphQL クエリにより取得可能な全ての項目が対象です。 クエリ結果(JSON)に対し、転送対象のフィールドを絞ることが出来ます。絞り込みは JSON Path 形式で対象...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    GitHub の接続設定

    概要 GitHub への接続認証は personal access token を用いて行います。 personal access token の取得 https://developer.github.com/v4/guides/forming-calls/#authenticating-with-graphql を参照してください。  

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    eセールスマネージャーの接続設定

    APIトークンの取得方法 右上のログインしているアカウントの名前が表示されているところをクリックし、「システム設定」をクリックします。 左に表示されているバーから「システムの設定」→「外部システムとの連携」をクリックします。 上部から「その他」をクリックします。 「eセールスマネージャーAPIトークン設定」にて「発行」をクリックし、「設定完了」をクリックします。

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送先 - eセールスマネージャー

    概要 eセールスマネージャーで管理しているデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-e_sales_manager(プライベートリポジトリ)を使用 eセールスマネージャーのAPIを利用 制約   設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 eセールスマネージャー接続情報 Yes ...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    転送元 - Salesforce Einstein Analytics

    概要 Salesforce Einstein Analyticsからレコードデータを転送する設定のヘルプページです。   対応プロトコル データ転送(Embulk) embulk-input-salesforce_ea を使用   設定項目 基本設定 項目名 必須 デフォルト値 内容 Salesforce接続情報 Yes - 予め登録してある接続情報から、今回の転送設定...

  • 菅野 梓さんが記事を作成しました:

    カラム定義再読み込み

    概要 転送元に列が追加・削除された場合や、クエリを変更した場合などに、最新のカラム定義に更新することが出来ます。その際、現在設定されているカラム定義(カラム名・データ型等)やその他データ設定(フィルタ設定等)は変更されません。   例 「変更前ファイル」のような形式のCSVファイルを転送元とした転送設定が既に存在する状態で、ファイルのカラムが「変更後ファイル」のように変更になった場合の例です...